2026年12月31日

INDEX~目次~

What's up?

こちらはざっくりですが目次用のページです。
ご活用頂ければ幸いです。

下記リンクをクリック頂ければ機種別に閲覧ができます。

スーパーファミコン

メガドライブ

セガマークⅢ/マスターシステム

スーパー32X

PCエンジン

ファミリーコンピューター

プレイステーション4

プレイステーションVITA

ゲームボーイアドバンス

ドラゴンクエスト10

※相互リンクを募集しています。
  お気軽に声を掛けて下さい!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
umbrella502 at 00:00|PermalinkComments(0)

2016年10月09日

北斗の拳(セガ・マークⅢ)

What's up?

Hokuto no Ken (J) [!]-0

今回はセガ・マークⅢ(以下マークⅢ)版の北斗の拳を紹介します。

発売日:1986年7月20日
価格:5000円
メーカー:セガ

当時の人気アニメだった北斗の拳のマークⅢ版。
人気アニメで格闘物ということだけあってファミコンにも似たような横スクロールアクションで発売されていますが、マークⅢ版はセガが作っただけあってファミコン版よりもより硬派なゲームになっています。
(ファミコン版はその後RPGへと変化していった記憶が・・・)

Hokuto no Ken (J) [!]-2

オーソドックスな横スクロールアクション。
途中に中ボスがいて、ステージ最後のボスを倒せばクリアというスタイルです。

攻撃方法もパンチとキック、それに加えてジャンプキックやしゃがみパンチがあったりします。

早速ゲームスタート!

ステージ1

Hokuto no Ken (J) [!]-1

ステージ1は原作通りのサザンクロスタウンからのステージです。

Hokuto no Ken (J) [!]-6

何気に地面がラインスクロールをしていて奥行のある作りになっています^^

Hokuto no Ken (J) [!]-7

中ボス1

ジャックかクィーンかジョーカーの誰か・・・^^;
(詳しく覚えていません・・・)

斧を飛ばしてきますが綺麗に躱してサクッと倒して上げましょう!

Hokuto no Ken (J) [!]-8

中ボス2

同じくトランプのマークの誰か^^;

棍棒を使って攻撃してきますが、リーチはさほど長くありません。

Hokuto no Ken (J) [!]-10

中ボス3

今度、原作を読み直してみます^^;

手鉤をつけているので若干リーチが長いですが、それでも普通に戦えば大丈夫でしょう。

Hokuto no Ken (J) [!]-11

中ボス4

このキャラはさすがに解ります。
みんなも大好き”Mr.ハート”ですね。

そして拳法殺しならぬ、初心者殺しの中ボスです。
原作同様に腹が弱点なのですが、ハートの攻撃を喰わらずにしゃがみパンチを4発入れれば倒せます。
逆に言うと、やみくもに戦っても勝てないので注意です。

ステージ1 ボス

Hokuto no Ken (J) [!]-12

ボス戦は体力ゲージと一緒に名前も表示されます。
とはいってもお馴染みのシンですね^^

正直ハートよりも正攻法の戦いで勝てるのでそんなに苦労はしないと思われます。

Hokuto no Ken (J) [!]-14

そしてマークⅢ版の決定的なアドバンテージが必殺技の演出シーンが入ることです!
これがカッコいいんですよね。

Hokuto no Ken (J) [!]-15

人形使いのシンを倒してステージクリアです。

ステージ2

Hokuto no Ken (J) [!]-16

ステージ2も原作通りのゴッドランド。

Hokuto no Ken (J) [!]-18

町中で一応、障害物にも乗れたりしますがあまり意味はないかな?

Hokuto no Ken (J) [!]-19

中ボス1
もう名前を考えるのは諦めます^^;

ムチを使ってきますが、ムチが伸びたりはしないので見たままのリーチです。

Hokuto no Ken (J) [!]-20

中ボス2

遠距離ではナイフを飛ばしてきて、近距離ではナイフを使って攻撃してきます。

ステージ2 ボス

Hokuto no Ken (J) [!]-21

ボスのカーネル

ブーメランみたいなものを飛ばしてくるので注意。
ブーメランだけ気を付ければ、こちらも正攻法の攻撃で倒せます。

Hokuto no Ken (J) [!]-22

ビシッ!と北斗壊骨拳が決まりました!

Hokuto no Ken (J) [!]-23

次のステージへ向かいましょう!

ステージ3

Hokuto no Ken (J) [!]-24

ステージ3はデビルリバース。

原作ではジャッカルと追いかけっこをしていたとこですね。

Hokuto no Ken (J) [!]-25

ステージ1のように荒野を進んでいきますが、このステージは雑魚キャラが少し大人しい感じです^^

Hokuto no Ken (J) [!]-27

このステージは中ボスは1人のみ。
何故かハッキリと覚えています。
跳刀地背拳(字が違うかも)を使うフォックスですね^^

ぶっちゃけ弱いです^^;

ステージ3ボス

Hokuto no Ken (J) [!]-28

ボスのデビルリバース。
画面はデビルになっていますね。

なんか火の玉みたいなのを飛ばしてきますが、何故か異様に弱いです。
基本的にジャンプキックでOKですが、デビルのジャンプに潰されると一撃死なので、デビルがジャンプしたら大きく間合いを開けましょう。

Hokuto no Ken (J) [!]-30

北斗七死星点が炸裂っ!

Hokuto no Ken (J) [!]-31

何故か次のステージの予告が^^;

ステージ4

Hokuto no Ken (J) [!]-32

予告通りのカサンドラです。

Hokuto no Ken (J) [!]-33

カサンドラって刑務所とか拳王に歯向かったものを捕らえておく施設ですよね。
まぁ、そんな刑務所的なところを進んでいきます。

Hokuto no Ken (J) [!]-34

中ボス1

なんとカサンドラの伝説たるウイグル獄長が名もない中ボス扱いに・・・^^;
遠距離だと猛虎覇極道(字が違うかも^^;)で突進してくるので注意です。

Hokuto no Ken (J) [!]-36


中ボス2

拳王親衛隊の2人です。
飛び道具に加えて剣での攻撃もリーチが長いので注意。

ステージ4ボス

Hokuto no Ken (J) [!]-37

ステージ4のボスはアミバでは無く、正真正銘のトキです。

トキには真向から勝負すると確実にガードというか、ダメージが通らないので注意が必要です。
基本的にはトキの攻撃を躱した時に攻撃を当てるとダメージが通るみたいです。
要はカウンター狙いですね。

Hokuto no Ken (J) [!]-38

トキは倒さないので、このステージは必殺技の演出は無しです^^;

ステージ5

Hokuto no Ken (J) [!]-39

ステージ5は聖帝十字陵が舞台です。

Hokuto no Ken (J) [!]-40

なんか良く解らないところを進んでいきます。
残念ながら南斗のシュウは出番無し・・・^^;

Hokuto no Ken (J) [!]-42

中ボスは、原作中でも最大級に有名な”ヒャッハーッ!汚物は消毒だぁ~”の人。
何故か二人一組で登場して、これが3セットあります。

ステージ5ボス

Hokuto no Ken (J) [!]-44

ボスは当然、聖帝サウザーです。

原作同様に普通に戦ってもダメージが入りません。

ジャンプキック⇒立ちパンチ⇒しゃがみパンチ⇒しゃがみキック

この順番でしかダメージが通らないので注意。
これを2回繰り返して、最後にフィニッシュはサウザーのジャンプ攻撃に合わせて、こちらもハイジャンプキックを喰らわせます(これが一番大変^^;)。
面倒ですが、慣れると意外と簡単だったりします^^

Hokuto no Ken (J) [!]-46

サウザーすらも痛みを伴わない北斗有情拳で倒します。
たしか原作は”有情猛翔覇”(字が違うかも^^;)のはずですが・・・

ステージ6

Hokuto no Ken (J) [!]-48

最終ステージはラオウとの一騎打ちです。

Hokuto no Ken (J) [!]-49

いきなりラオウとの対決がスタート!

これといった攻略はないのですが、原作同様にどつき合います。
ラオウはケンシロウよりもリーチも長いし、攻撃力も防御力も上なので気合いで乗り切りましょう!

Hokuto no Ken (J) [!]-50

とどめの一撃が決まりましたっ!

Hokuto no Ken (J) [!]-51

ヨタヨタと歩いてきて・・・

Hokuto no Ken (J) [!]-52

出ました!
名言、我が生涯に一片の悔いなし!!

Hokuto no Ken (J) [!]-53

真っ白になってしまいました・・・

Hokuto no Ken (J) [!]-54
Hokuto no Ken (J) [!]-55

ユリア奪還成功です!

Hokuto no Ken (J) [!]-56

エンディングはスタッフロールも一切なく、非常にあっさりしていますが達成感が半端ないですね!
お疲れ様でしたっ!

マークⅢ版の北斗の拳ですが、最初にも書きましたがセガ独特の本当に硬派なアクションになっています。
そして特筆すべきは各ステージボスの必殺技の演出を入れたところですね。
そして技名が表示されるのが非常にカッコ良く、当時のファミコンユーザーは嫉妬したものです。

難易度は結構高めなので、何度か繰り返さないとクリアは難しいかも知れませんが、北斗の拳ファンには是非ともプレイしてもらいたい一本です。
バーチャルコンソールで配信されていますので興味があればプレイしてみて下さい。

裏ワザ

隠しステージ・・・エンディングでユリアを抱いたケンシロウが画面を去った後に上を20回押すと隠しステージのステージ7に行きます。ボス戦のみ体力回復無し。

今回の紹介は以上となります。
お疲れ様でしたっ!!





ゲームプレイ日記 ブログランキングへ
一日一回クリック頂けるとやる気に繋がります!!




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年09月09日

R-TYPE(セガ・マークⅢ)

What's up?

R-Type (UE) [!]-0

今回はセガ・マークⅢ(以下マークⅢ)版の”R-TYPE"を紹介します。

発売日:1988年10月1日
価格:???円
メーカー:セガ(コンパイル制作)

革新的なシステムで当時大人気だったR-TYPE。2枚組になってしまったPCエンジン版をあざ笑うかのように当時としてはPCエンジン版の倍の大容量である4メガで移植されたマークⅢ版は、もちろん1本に全てのステージが収録されていますが、ファミコンと大差のない性能しかないマークⅢ版の出来はどうだったのでしょうか?

R-Type (UE) [!]-2

自機であるR-9の大きさは保たれていますが、全体的に敵は一回り小さくなっています。
また、波動砲のゲージがないので溜め具合は感覚になります。(すぐに慣れますけどね^^)

ステージ1

R-Type (UE) [!]-3

さすがに雑魚キャラの数が少ない気がしないでもないですが、ここまで敵キャラを表示させています。

R-Type (UE) [!]-4

有名な砲台の場所も見事に再現。
1キャラの大きさが小さい為に隙間ができてしまっています^^;

R-Type (UE) [!]-5

色数制限のためか、対空レーザーは紅白で表現されています。おめでたいですねっ!

R-Type (UE) [!]-6

ボス戦では残念ながら背景は消えてしまいます。
そりゃボスを背景で書いているのだから仕方ないですね。

R-Type (UE) [!]-7

ステージクリアすると得点と残機数が表示されます。

ステージ2

R-Type (UE) [!]-9

このステージは移植が難しいだろうなと思いましたが、ここまで見事に再現されています!
枠が見えているのは背景で書かれているからですね。

R-Type (UE) [!]-10

ちらつき?何それ、おいしいの??

R-Type (UE) [!]-11

ステージ最後まできたのにボスがいません・・・

R-Type (UE) [!]-12

と思ったら、背景が消えた後にゆっくりと登場。
色数の少なさが逆にグロテスク感を出していますね。

ステージ3

R-Type (UE) [!]-13

ステージ開始直後にちらっと背景が表示されたと思ったら・・・

R-Type (UE) [!]-14

すぐに背景が消えて、巨大戦艦の登場。
色は何故か緑で統一されている模様^^;

R-Type (UE) [!]-15

ステージ最端まで来ての逆スクロールは残念ながらカットされています。
そのままボス戦?となります。

ステージ4

R-Type (UE) [!]-16

マークⅢでもここまで出来るんだと証明されたステージ。
ドットが見事に表示されます。

BlogPaint

しかもステージ中盤過ぎかな、この赤丸で囲った柱に左側から突っ込むと・・・

R-Type (UE) [!]-18

前編、後編に別れていない上に、なんと隠しステージまであります。
ステージ名は”スーパーステージ”・・・もうちょっと、なんか、ねぇ?

R-Type (UE) [!]-19

それでもR-TYPEっぽいステージに仕上がっており、違和感は殆どないです。
でも、コンパイルって感じがしないでもないですね^^

R-Type (UE) [!]-22

スーパーステージのボス。
R-TYPEとグラディウスを足して2で割ったようなボスキャラです。

ちなみにこいつを倒すと自動的にステージ4はクリア扱いになります。

R-Type (UE) [!]-41

ちなみにステージ4のボスはこちら。
こちらも見事に移植されています。

R-Type (UE) [!]-42

しっかりと分離もしますが、動きはガタガタです^^;

ステージ5

R-Type (UE) [!]-23

このステージも色数のせいかオリジナルよりも毒々しいステージに仕上がっています。
みんなが大好きなムーラもしっかり登場しますが、恐ろしいほどにチラつきます^^;

R-Type (UE) [!]-24

上下登場のムーラもしっかり再現。
これだけチラつきますが、処理落ちが殆ど気にならないのはプログラムが凄いのか、Z80Aのパワーが凄いのかどちらなのでしょう?

R-Type (UE) [!]-25

さらに度肝を抜かれるのがステージ5のボスもしっかりと再現。
マークⅢについて詳しくない人に簡単に説明しますと、これをファミコンでやっているようなものです!
(マークⅢの方が若干性能いいですけど・・・)

ステージ6

R-Type (UE) [!]-27

一回り小さくなったもののドップもしっかりとたくさん登場します。

R-Type (UE) [!]-29

ステージ上部の際限なく登場する雑魚も豪快にチラつきながら再現しています。

R-Type (UE) [!]-30

ステージ6はボスがおらず、ドップの大量出現になります。
プログラム上で制御できなかったのか、はたまたバグなのかは不明ですが、後ろ側に弱点であるコアのついているドップも波動砲で正面から撃破可能になっているので、ステージ全体を通してオリジナル版よりも少し簡単になっています。

ステージ7

R-Type (UE) [!]-31

もはや一度死んだら再起不能な難易度のステージですが、これといって特徴がないのが残念^^;
とにかく敵の攻撃が激しいです。

R-Type (UE) [!]-33

このステージではボス戦でもしっかりと背景があります!
ゴミ捨て場という演出上、背景がないと成り立たないのは解りますが、ボスを差し替えなかったのは見事っ!

ステージ8

R-Type (UE) [!]-34

やってきました最終ステージ。

といっても最終ステージは短い上にギミックもないんですよね^^;

R-Type (UE) [!]-35

プレイヤー泣かせの無敵キャラもしっかりと登場。

R-Type (UE) [!]-37

ラスボスのバイドもしっかり再現。
ここも背景が消えませんっ!

ステージ6以降(6はボス不在ですが)はボス戦で背景が消えません。

R-Type (UE) [!]-38

ちょっと当たり判定に疑いの残るバイドですが見事に撃破っ!

R-Type (UE) [!]-39

クリア後のメッセージもしっかりと再現。
味方機の数が多いような気がするのは気のせいでしょうか?

R-Type (UE) [!]-40

そして地獄の難易度の2週目へ突入します。
(確認していませんが、2週目クリアでゲームオーバーのようです)

セガ・マークⅢ版のR-TYPEの紹介でしたが、移植度の高さはハードの性能を考えると異常な出来です。
発売されたのがメガドライブの発売直前ということでマークⅢ本体の性能を使い切ることが出来ていたとは思うのですが、マークⅢの参入メーカーってセガ以外にはそれこそコンパイル位しか居なかったのではないでしょうか?
良くぞここまでハードを解析したものだと心から感心します。

完全にチラつきなんて関係ねぇって位の力技移植には間違いないのですが、チラつかせながらも大量のキャラを表示させて、殆ど処理落ちを感じさせないのは初期のスーパーファミコンに見せつけたい位です。

そしてマークⅢでプレイしていると気づきにくいかもしれませんがFM音源を搭載したマスターシステムでプレイすればPCエンジン版以上の重厚なBGMを楽しめます。

バーチャルコンソールの配信が終了したせいでプレミア感が出ているようなので、お値打ち価格で見かけることがあれば迷わずゲットしてもいいかと思います。

裏ワザ

サウンドテスト・・・コンティニューカウントダウン中に方向ボタンを左回りに3回回すと、サウンドテスト画面になります。また、この画面で数字を00に合わせて方向ボタン左と右ボタンを同時に押すと、効果音を含めたサウンドテストになります。

クレジット増加・・・コンティニューカウントダウン中に、方向ボタンを右回りに2回回す毎に、クレジットが増加する。10回まで増加可能。更に、効果音を含めたサウンドテストで62番を選択した後に同様の操作を行えば、30回まで増加可能。これを繰り返す事で無限に増加可能だが、クレジットカウンターの最高値は99までで、それ以上増やすと0に戻るので注意。

無敵・・・1コンの方向ボタン右下と、2コンの方向ボタン左上と左ボタンを押したまま電源を入れ、ボタンから手を離さずにタイトルロゴが表示されるまで待つ。タイトルロゴが表示されたらスタートする。

今回の紹介は以上となります。
お疲れさまでしたっ!!





ゲームプレイ日記 ブログランキングへ
1日1回バナーをクリック頂くとやる気に繋がります!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック